24時間テレビ「愛は地球を救う」

  • TOP
  • 番組・イベント情報
  • チャリティー募金
  • 募金方法
  • 税制上の優遇措置について
  • 募金合計額
  • 福祉(福祉車両などの贈呈)
  • 環境
  • 災害復興
  • 日本テレビ24時間テレビサイト

2016年度の福祉車両の寄贈申し込みは、5月20日(金)をもって締め切らせていただきました。
たくさんのお申し込みありがとうございました。
審査結果については、11月中旬頃のお知らせを予定しております。
24時間テレビチャリティー委員会HPはコチラ

◆2016年度 福祉車両の贈呈とスケジュール
「24時間テレビ」福祉車両の贈呈先は、お申し込みいただいた中から全国31社の民間放送局の「24時間テレビ」チャリティー委員が各社会福祉協議会などの協力を得て、公正かつ厳正な審査のもとに決定しています。
4月中旬 5月20日 6月~8月
申し込み受付開始
(提出書類一式を郵便または宅配便にてお送りください。)
申し込み締め切り 選考・審査
10月上旬 11月中旬 12月~
「24時間テレビ」39募金額発表
(募金額に応じて車両の贈呈台数を決定します。)
贈呈先決定
(申し込まれた全ての団体・個人に贈呈の可否を郵送にて通知します。)
贈呈式 / 納車
(車両の納車は翌年4月になる可能性もあります。)

◆2015年度 山陰地区 福祉車両贈呈先(平成28年1月~平成28年3月に贈呈)
リフト付きバス 社会福祉法人 八頭町社会福祉協議会(八頭郡八頭町)
スロープ付き自動車(普通) 社会福祉法人 まつえ友愛会(松江市)
スロープ付き自動車(軽) 特定非営利活動法人 あいぼりぃ(米子市)

◆「音声コード読み上げ装置」を鳥取県に贈呈(2014/05/29)
24時間テレビチャリティー委員会は、24時間テレビの公益目的事業の一つ、視覚障害者情報保障支援として、厚生労働省が推進している「音声コード普及支援」を行っています。全国の自治体に「音声コード対応携帯電話+補助アダプタ」890セットと「音声コード作成ソフト(JAVIS Appli)」15,000ライセンスを贈呈しており、山陰両県では、鳥取県に「音声コード対応携帯電話+補助アダプタ」7セット、音声コード作成ソフト600ライセンスを贈りました。24時間テレビでは今後も視覚障害者情報保障支援を継続していきます。
音声コード対応携帯電話+補助アダプタと音声コード作成ソフト 鳥取県庁にて平井鳥取県知事に贈呈しました