GWにあわせ恒例の仏壇・仏具の展示販売会 住宅事情の変化で年々小型の需要増える傾向

この記事をシェア

  • LINE
島根 2021.05.02 19:15

仏壇や仏具を展示販売するGW恒例の催しが、2日から出雲市で開かれている。
この催しは創業127年の歴史をもつ出雲市の「仏壇の原田」が毎年GWに合わせ開いていて、新型コロナの影響で去年中止したことから2年ぶりの開催となった。
近年はきらびやかな仏壇が重宝される一方、住宅事情により、年々小型の仏壇の需要が増えているという。
仏壇の原田 原田明成社長「最近は仏間のない家庭昔のような大きな仏壇というのは当然置けなくなるので、小さな分(仏壇)ということを言われることは多いと思います。」
この催しは5月5日(水)まで開かれている。