まち歩きイベント
「まちのたんけん 袋川今昔」 

鳥取市の袋川をテーマに様々な世代交流と時代を振り返るきっけとなるワークショップを開催します!
現在の鳥取市中心市街地は、江戸時代の城下町が基盤になっています。今年、2017年は池田光政公鳥取入城400年の節目。袋川が開削されて、碁盤の目の町人地が広げられたのもこの頃です。

昔の写真を頼りに城下町の痕跡をたどりながら、袋川周辺の今昔をたどって歩きませんか。まちのルーツに興味のある方、まち歩きが好きな方、大歓迎です♪
なんと、「電波少年」のTプロデューサーこと土屋敏男さんもやってきます!
参加者同士の交流を楽しみながら、まちなかを再発見しましょう!

ただいま、「まちのたんけん 袋川今昔」ワークショップに参加してくださる方、またワークショップで使用する昔の写真を募集しています。

<ワークショップ内容>
昔の袋川周辺の様子が分かる写真をお持ちの方に事前に写真をお借りして、ワークショップ参加者とともにその写真が写す場所の今を、同じ構図で撮影するまち歩きを行います。

同じ構図で撮った写真を集め、専用のアプリに集約。完成した今昔比較写真を使って、今と昔の違いに関して、参加者同士で意見交換をします。

失ったもの、得たものに思いをはせ、鳥取市のまちなかを再発見したり、世代を超えた交流を生みます。


写真を応募する ワークショップに参加する


Supported by
KIRIN キリンビバレッジ

閉じる